車の下取りと買取の違い

車の下取りと買取の違い

車の下取りと買取の違い

車を売却する時に耳にする「下取り」と「買取」
この二つはどの様な違いがあるのでしょうか?

下取りとは

新車や中古車を買うときに今まで乗っていた車、愛車を新車ディーラーや中古車ディーラーに引き取ってもらい、その差額を分を新車購入や中古車購入金額から差し引いてもらう事を下取りと呼んでいます。
下取りでは古い車、廃車寸前の車でも引取りしてくれる事や少しでも値段を付けてくれる事が有ります。また新車や中古車の納車日まで車を使用出来るので車がない期間を無くす事が出来ます。
手続きなどのディーラーが済ませてくれるので手間が省けるので下取りに出す人がまだまだ多い様です。

 

 

買取とは

中古車買取専門業者に車の査定をしてもらい金額に納得出来れば買い取ってもらう事が車買取と呼ばれています。
人気車種やカスタムカー、改造パーツなどの評価対象になる事が多く下取り価格よりも高価になる事も少なくなく有りません。
また多店舗に買取査定を依頼して一番高い査定金額の店舗に売却出来る事もあり少しでも愛車を高く売りたい人の利用が増えています。


ホーム RSS購読 サイトマップ