軽自動車の増税で軽自動車の中古車価格が上がる?

軽自動車の増税で軽自動車の中古車価格が上がる?

軽自動車の増税で軽自動車の中古車価格が上がる?

軽自動車増税

軽自動車の魅力の一つ、軽自動車税の増税額の低さですよね!

 

しかしこの軽自動車税の引き上げが決まり、2015年4月から実施されることが決まりました。
これにより、軽自動車の魅力が半減されるのでは、と懸念されています。

 

実際どれぐらいの負担額になるのか?

 

乗用自動車の税額が現行の1,5倍の7200円が10800円の引き上げ、貨物軽自動車が3000円から3800円、その他の軽自動車税の内訳は原付バイクが2倍の1000円から2000円に、250cc以上の小型二輪車が1,5倍の4000円から6000円と金額的には増税額は少ない様ですが倍率的には大きな引き上げになっています。

 

ただし軽自動車税の増額が適用されるのは2015年4月以降に登録される新車が対象で現行の軽自動車は据え置きの措置が取られています。

 

また、2016年からは、新車登録から13年を超える車に20%高い税金が掛かる仕組みの取り入れられています。

 

この事から軽自動車の中古車市場の動向や高年式の乗用車の中古車市場に影響が出ると予想されます。

 

増税の影響はいろいろな所に影響を及ぼす様です。



ホーム RSS購読 サイトマップ